top of page

Oliviaの成長記録 温度管理について

更新日:7月1日

 今日は、とても暑い日でした。息子が、犬の温度管理についてを動画で話してほしいというので、解説してみました。


 明らかに、調子を崩してくる子はエアコンの温度設定の低い家の子が多いです。こんなに暑くても、外犬の子は誰も調子を崩しません。正直下が土で風通しが良ければ体調を崩す子はほとんどいません。炎天下で遊んで走り回るのは熱中症になっています。


 犬の適温はと調べると20度から25度と書かれていることが多いです。自然の温度なら間違い無く快適だと思います。しかし、人工的な温度ならどうでしょうか?私は、エアコンが苦手です、仕事柄エアコンはつけていますが体調は良くありません。首にタオルを巻いたりすることもあります。犬だってそうだと思います。関節が痛くなりダルくなるのだと思います。

 

 人がいる時は人の快適な温度に設定し、留守の時は2度ほど温度を上げるようにすると良いかと思います。間違い無く通院回数が減ります。エアコンの違いもあるかもしれませんが、人がいる時は26度、27度くらいで、留守中は29度、30度くらいで大丈夫だと思います。正直、犬の生活する床は、かなり温度が下がっているはずです。


 もう一つに理由としては、落雷による停電です。過去にも死亡した例は何度かあります。全ての子が、23、24度設定で留守にしていた方です。恐らく停電時の温度のギャップで耐えられなくなり死亡したのだと考えています。ギャップが少なければもしかしたら生きていたのかもしれません。そのような理由から高めの設定を当院ではお願いしています。


 設定温度をあげましょうとアナウンスしてからは、夏場の来院数は激減しました。このような事実がもっと多くの方に広まってもらえたらと思っています。ある程度は、暑さ寒さにも慣れるようにしていきましょう。

閲覧数:26回0件のコメント

Commenti


bottom of page