包丁研ぎ


 趣味で料理を作ることの多い私の大切な道具たちです。基本的には、和包丁の方が好みの私は、結構まめにこのように研ぎ直すことが多いです。

 

 今年は、私にとって本当に辛い一年で精神的にももうダメかと思うくらい辛い年でした。もう年の瀬なのでお世話になった包丁たちをお礼の気持ちを込めて研ぎ直しました。砥石に向かって研いでいると不思議と精神が落ち着いてくるというか、雑念がなくなるというか不思議な感覚になります。今回は1年経ったので粗研磨から全て行いました。切れ味もちろんバッチリです。家内が使う洋包丁も研ぎ直し今日だけで12本頑張りました。


 こうやって並べてみると使った年数が肢をみると一目瞭然です。鋼の包丁は雑にあつうと錆びてしまいますが丁寧に使えば長持ちします。一番古いのは10年は経っているかな?


 そして、大切なのが砥石です。私が長く愛用しているのがこの3面砥石。どこのブランドだったか忘れましたが結構なお値段がしました。そして、その砥石をメンテナンスする砥石です。包丁を研ぎ直すと微妙に面が削れてしまいますので毎回整え直して終わりにします。


 手術道具もそうですが、手入れ一つで全く別物になります。私は、几帳面なのかもしれませんが細かいことがものすごく気になってしまいます。綺麗に保管しておくと使うときに気持ちよくできるのでお手入れは大切だと思います。


 

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

糖質制限が熱中症を?

本日より当院は3連休ですが、数日前より私の体調が限界の状態でした。恐らく、暑さによる体の異常。熱中症予備軍です。 頭の回転が鈍り頭痛、明らかに日常生活ができる状態ではありませんでした。現在私は、太らないように食事制限をし、今でも学生時代よりも素晴らしい体を維持し、しっかり腹筋も割れています。 ふと考えたのが、糖質制限です。ここ3年私は、ほとんど糖質を摂取していません。今脳が脱水しているなら通常、電