top of page

レモンいなり寿司作りました。

 実は先日のレモンジャム2024年第1ロットは、ペクチンの抽出が十分でなく、ゆるゆるの状態になってしまい失敗に終わりました。反省点は、めんどくさがり大量に作りすぎた事です。流石に5リットルは一気に作りすぎました。しかし、もともとレモン酢飯にするためにみじん切りで作ったので、酢飯にするにはベタつかずいい感じでした。今日は、休診日なので、早速失敗作のジャムを使用してレモンいなり寿司を作りました。


 酢飯の作り方は、ジャムと同量の穀物酢と塩を入れ硬めに炊いたご飯と混ぜ込むだけです。この酢飯、剛くんには好評で、海鮮丼にしたり握り寿司にしたり色々楽しんでいます。稲荷の皮は初めに麺棒で慣らして(こうする事でお米を入れやすくなります)半分に切り熱湯で茹で油を流し薄めの醤油、味醂、砂糖、昆布で作ったタレで煮込んだだけです。まあ、簡単です。


 そして、下半分は、剛くん仕様のワサビ練り込みレモンいなり寿司です。これもまた美味しいんです。失敗作もこのように利用できれば、うちのレモンも納得してもらえるかな?

レモンジャム第1ロットが失敗作で悔しかったのでレモンピールを通常にカットした第2ロットもすぐに作成しました。こちらは3.5リットルで作り、いつものようにバッチリ仕上げられました。レモン2キロ、砂糖2キロで作りました。初めのロットは、やや酸っぱめの尖った味ですが、後半の完熟レモンを使用するとマイルドなジャムが出来上がります。


 そうそう、昨日はレモン酢飯を使って海鮮丼にしました。これは剛くんのお気に入りです。白甘鯛が売っていたので、捌いてお刺身にしました。私は昆布締めにしたかったのですが剛くんがどうしてもというので。マグロ、タイ、甘鯛で作りました。失敗作のレモンジャム大活躍です!




 来月半ばまでに全てを収穫しないと来年が寂しい状態になりますので様子を見て収穫しジャムやポン酢を作りたいと思っています。

閲覧数:17回0件のコメント

Comments


bottom of page