ポインセチア2 夏の管理

 

 一度、ポインセチアの管理で切り戻しを説明したと思います。恐らく2月終わり頃だったと思います。現在は、このような立派な状態になりました。


 前回の写真の右側の鉢です。茎が曲がっていたので植え替えて真っ直ぐにしました。まあ、3月中旬以降霜が降りない頃合いを見て日当たりの良い場所において適度に芝生用の液体肥料などを与えながら半分ほったらかしておくとこんな状態になります。こちらの鉢は6年ものです。


 前回撮影した左側の鉢はこちらで刈り込んでいたせいで分かりませんでしたが、プリンセチアです。微妙にピンクですね。こちらの鉢は8年ものです。



 この植物は暑さにはとても強いので霜が降りる手前まで外で管理して問題ありません。夏場は葉が緑色をしています。昼よりも夜の長さが長くなるとそこから出てくる葉っぱは赤く色づいてきます。秋分の日以降ということになります。その頃には肥料も使わず水のみで育てていきます。そして頃合いを見て室内で管理します。


 今のような梅雨時期は、邪魔な枝などを切り取り挿木をすると根付きます。1週間雨だなと思ったら挑戦してみると良いと思います。葉っぱを少なくし、切断面にメネデールをつけ挿木用の土に植え付けて出来上がりです。その時は、日陰で管理すると確率が高くなります。まあ、ほぼ根付きます。本当は、大きな鉢に植え替えるとさらに立派になるのだと思いますが大きくなりすぎるのでこの辺で我慢してもらっています。皆様もぜひ挑戦してみてください!

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示