カエルの歌

2019年5月5日 日曜日

 日本人のどれだけの人が、この声を聞いてカエルの声だと分かるでしょうか?おそらく、多くの人はカエルの声と聞いて『ケロケロ、クワックワッ』程度しかわからない、又その様に教育で刷り込まれているのではないでしょうか?

 この、美声の持ち主はカジカガエルと言って『ヒュールルルルルルルッ ヒュイッ ヒュイッ』とまるで小鳥がさえずる様に聞こえます。カジカとは、河鹿と書き、雄鹿の求愛の鳴き声に似ているからだと言われています。強いて言えば、『ヒュイッ ヒュイッ』の部位分だけかな?

 和歌などで蛙鳴くなどと使われていますが、恐らくこのカジカガエルの事です。アマガエルやトノサマガエル(トウキョウダルマガエル)だったら煩いだけですからね。カジカガエルの声だと思って歌を聞けばきっと綺麗なイメージが湧いてくるはずです。でもこの事実を知っている国語の教師は日本にどれだけいるのでしょうか?

 ゴールデンウィークの最後にちょっと嵐山渓谷で。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示